これまで「特定ターゲットへわかりやすく伝える」取材・デザイン
くらいのコンセプトで活動をしてきましたが

この度「自分らしさを活かした複業を応援する」をコンセプトに掲げることにしました。

「複業」というと、会社勤めをしながら、株や仮想通貨で儲けるのか ! !
というイメージがあるかもしれませんが、僕の応援したい「複業」は違います。

必ずしも稼ぐことが目的ではなく
自分の好きや得意を生かして社会と接点を持つことで、自己肯定感を高めたり周囲の人からの信頼を得たりすることを目的とすべきだと考えています。


会社勤めをしていた時。

忙しい時期に凡ミスが溜まったことがありました。
ちょっとつまづいた時というのは、足腰が弱くなるもので、お客様からの要望を上司に報告できていなかったり、入稿データに不備があったりと、ミスを連発。

「何でこんなに凡ミスが増えるかなぁー」などと小言を言われながら仕事をし、自分でも「本当に仕事できんな、自分」とただただ落ち込み

さらに「こんなはずではなかったのに…」と仕事場へ重い足を運ぶ日々が半年程も続きました。

でも、そんなダメ人間でも

晴れ間のメンバーで集まった時に何気なく「割と料理は好きだから」とご飯を作ると

「さだっちがいてくれてよかったわ」とか、「次の飲み会に何か食べ物あったらいいなと思うんだけど頼める?」とか、声をかけてもらえ

大した調理技術はなくても、お金にならなくても、頼ってくれる人がいると
「救われた」と心から思いました。

それ以降、晴れ間のコミュニティーの中で、僕はデザイン担当というより
ご飯担当と呼ばれることが多くなっています。


晴れ間で料理をして得られる収益は、その時の自分のご飯代程度ですが
「晴れ間のご飯担当」という生業を通して、自己肯定感と晴れ間メンバーからの食に関する信頼を得られました。

これは、こなす仕事や稼ぐだけを目的とした仕事では、なかなか得られないものです。


生活する上でお金は必要です。

でも、全ての生業の目的をお金にしなくてもいいと思います。
例えば「経験を得るための生業」や「自己肯定感を高めるための生業」があってもいいと思うのです。

そしていくつかの生業の中で、必要な生活費の何割をどの生業で稼ぐかを決めていけば、無理なく夢と現実のバランスを取ることができます。

職場でも、家庭でも、恋人や友達との関係でも
人生楽ありゃ苦もあるさ。

でも、落ち込んだ時に、せめて僕が「あなたにはこれがあるじゃない!」と背中を押せるように。
また「この人にはこんな得意や好きがあるんだよ!」をその人の魅力を周囲の人に伝えられるように。

デザインと取材の技術を生かして
「自分らしさを活かした複業づくり」を応援していきます。


【詳しいサービス内容はこちら】

・名刺デザイン
・ブログ / SNSカバー画像デザイン
・取材+記事作成「あなたがしたい生き方・働き方」

など、いくつかの複業サポートパックをご用意しています!