暮らしと生業を、機嫌良く「スギカフン」のホームページをご覧いただきありがとうございます。

このページでは「スギカフン」こと杉原がデザインする際の姿勢について記載します。
ご依頼いただく前にぜひご一読いただき、求めているものにあっているかどうか
この人とうまくやっていけるだろうか、ご一考の上、ご連絡をいただけると
お互い機嫌良く、お仕事をできるかと思います。

>そうはいっても手早く実績を見たいという方はこちらからどうぞ<

目次

1.あなたが見たい未来を一緒に創りたい

会社勤めをしていた時、「仕事とはお客様の願望達成か課題解決の支援だ」とよく言われました。今も大切にしている言葉です。

もっと楽しく仕事したい。もっと効率をあげたい。もっと価値を高めたい。…
様々な課題・願望に向かい合い仕事をしてきましたが、その中でも願望は未来に向かう動力源だと思っています。

あなた自身がどんな未来を見てみたいか。そこにスポットして、力を発揮します。
些細なことでも構いません。大層な夢なんて持ってる人の方が珍しいと思います。
「こんな方向性がいい」という、小さくても確かな熱量を頂けたら
それを目に見える伝わりやすい形にするのが僕の仕事です。お任せください。

逆に言うと、熱量の伝わりにくい下請けのお仕事や、多くの方の顔色を伺いつつ立ち回る必要がある案件には、あまりおすすめしません。
そういう場合には大変有難いとは思いつつも、僕よりも適切に思う方や会社等をご紹介させていただくこともあるかもしれませんので、ご了承ください。

2.狭く深くを狙います

1と同様に「熱量が伝わりやすい」という理由から
できるだけ狭く深い目的を狙ったデザインで、力を発揮します。
「今回のチラシは、誰に何をしてもらえたら成功ですか?」「名刺を渡した時に、どんなリアクションが欲しいですか?」そんなことから伺います。

デザインで1番の目的にしていることはあなた自身の使い心地の良さ
「ターゲットに訴求するか」ももちろん気にしますが、熱量を届けるためには、それを配る本人が気に入っているかどうかが一番大切だと考えているからです。
なんでも切れる剣も、使用者にとって重すぎては意味がない。めちゃめちゃ効果的な広報物も、使う本人がピンときてなければ意味ないと思っています。

狭く深く、あなたにとって心地よい。そんなデザインを一緒に作っていかせてください。

3.温度や空気、質感を大切にします

「スギカフン」は、基本的に杉原1人のプロジェクトです。
1人でフレキシブルにやっているので、お仕事いただける方や、何か一緒にできそうな方には、できるだけ直接お会いしたいと思っています。

やりとりの優先順位は、面会 → ビデオ通話 → 電話 → メール(SNS)です。

1人のため、何かと連絡がつきにくかったり、アポを入れづらかったりご不便をおかけすることもあるかと思いますが
複雑な内容や感情を込めて伝えたいことは、できるだけ顔や声色がわかる形で、やりとりできれば嬉しく思います。

デザインは、まだ見ぬ形を一緒に削り出していく、とても繊細な作業です。
こちらからの提案などで「おやおや?」と思われることもあるかもしれません。そんな時は、ぜひ迷わずお電話くださいませ。

4.海外での仕事作りに挑戦中です

「面会したいと言いながら海外かよ!」と思われるかもしれませんが、そうなのです。そんな未来も広がってしまっております。
2019年4月に、1ヶ月の海外旅をしました。その間も日本のお客さまと連絡を取りながら仕事は進めていたので、ある程度はご安心いただいて大丈夫かと思います。

詳細は、まだまだ未定ですが、2019年11月は丸々ネパールに滞在予定です。
お仕事をいただいている方には随時お伝えしていますが、先の予定を確認しておきたいという方は、下のカレンダーにある程度の予定を公開しているので、こちらをご確認いただくか「この辺りで仕事を頼めたらと思うんだけれども…」とご連絡をいただけたら、そのつもりで予定を調整しますので、お気軽にご相談ください。

>営業カレンダーはこちら<

長々とした序文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
デザインの実績をご覧になりたい方はこちらから
複業について読みたい方はこちらから
予定を見たい方はこちらから
お問合せはこちらから
引き続きご覧くださいませ。