スギカフン|デザインパートナーとして会社・取組みの持ち味を共に育てる

岡山のデザインパートナー
スギカフン


mission

持ち味が生きる
社会をつくる

小さな会社やNPO、個人事業は、代表の意思や考え、癖などが活動に直結します。デザインパートナーとして、事業やサービスのPRを担当しながら、御社・あなたの「持ち味」と地域社会を繋ぐサポートします。

持ち味を育てるデザイン=調べる、つくる、繋げる、広げる
1.調べるデザイン

代表ヒアリングに基づく「持ち味分析」と「お客様事例分析」から、持ち味とお客様の心地よい接点を探します。

2.つくるデザイン

「調べるデザイン」で設定した接点に、チラシやウェブサイト、SNSなどのPRツールをつくります。

3.繋ぐデザイン

チラシやウェブなどを連動させることで硬化性を高め、ブランド力を高めます

4.広げるデザイン

プレスリリースやSNSなどを用いて、地域社会へ持ち味を広げます。


SERVICE

事業・サービス
デザイナーとして伴走しながら
ブランド作り進めます

プレイングマネージャーである小さな会社の代表は、何かと忙しい中で、ロゴや名刺を一から考える時間を作るのは大変なこと...。そこで、ブランディングだけを担うのではなく、既存事業の集客や新規サービスの告知など、日々の業務にデザイナーとして参画し、その都度必要なPRを提案・制作しながら、徐々に持ち味のタネを見つけ、育てていくスタイルを取ります。
チラシや名刺、ウェブの制作・運用から、イベント企画、ITサポートなど、お困りごとや新しく取り組みたいことをご相談ください。


VISION

それぞれ持ち味
活きる世の中に

突然ですが、僕はネパールという国が好きです。
信号の無い道路をウシや犬が歩き、人がぎゅうぎゅう詰めのバスや二人乗りのバイクが行き交い、時に観光客も入り混じる街。土埃がすごく息苦しいかと思えば、見上げると澄んだ空をバックにヒマラヤ山脈がそびえ立つ壮大な景色。
ネパールの人々は、のんびりと、まじめに、そして日々生き抜くために少しだけしたたかに、暮らしています。
働き方も、生き方も、人それぞれ。カオスな土地柄だから、各々の持ち味を否定せず認め合いながら、絶妙なバランスで社会が成り立っているように感じます。

画一的な教育を受けて、典型的な成功を見ながら、日本で育った僕ら。「画一的」「典型的」を否定するわけではないのですが、もう少しだけ「個性的」も生き生きできる機会があれば良いなと思うのです。
「個性的」と言うと、すごく特殊な性質を思い浮かべるかもしれませんが、僕が好きなのはそれぞれの「持ち味」。
特別でも大きくなくても良い、好き・得意な気持ちや、癖・習慣などといった、自然と感じたり動いたりするのが「持ち味」です。

1人ひとりの「持ち味」が、誰かの役に立ち、感謝されれば、それはあなたの誇りや自信につながるはず。僕もそうでした。

仕事をしている企業・個人の「持ち味」が最大化するように、また自分の「持ち味」を活かして仕事や活動を始めたい方が、自信を持てるように、僕の持つ取材・デザインウェブ構築の技術と、ビジョンを持って全力応援します。

スギカフン主催
さだっち(杉原 禎章)

1992年2月6日、岡山生まれ、岡山育ち。
岡山県立大学デザイン学部卒業後、市内のデザイン会社に3年半務めた後、2018年に独立。岡山駅近くにパートナー・子・猫と住みながら、デザイン事務所「スギカフン」として活動中。
>コミュニティ ハレマ 運営メンバー
>夫婦ユニット チョウタラの樹


CONTACT

個人で動いているため、連絡を受けれないことや即対応が難しいことがあります。
スケジュールや納期の調整などの参考にご覧ください。

****

現在お受け可能なスケジュールと案件数

【コーポレートサイト、冊子制作】
  10月着手 → 11月納品(2件)
【LP、パンフレット】
  10月着手 → 10月納品(2件)
【名刺、チラシ など】
  10月着手 → 10月納品(2件)
****

以下のフォームか、SNSからお問合わせください

facebook

twitter

instagram

note